球技に活かす

球技に活かす 球技に活かす
フィジカルトレーニング

その場で出来る!瞬発力を鍛えるジャンプトレーニング5選

場所を選ばないプライオメトリックストレーニング プライオメトリックストレーニングは、筋力やパワーの向上を目的したトレーニングの1つです。筋肉をを短縮性収縮の直前に急激に伸ばされることにより、大きな力の短縮性収縮を引き起こさせるよう...
スキルトレーニング

トップ選手も採用する、ソリ牽引走。そのメリットとトレーニング方法とは

スレッド(ソリ)走とは? スレッド走は、重りをロープなどで自分の後ろにセットし、それを引っ張りながら走るトレーニングです。スポーツ漫画などでも、野球部がタイヤ引きをやっているイメージがあるのではないでしょうか。 下半...
スキルトレーニング

体を前に進ませる“接地ポイント”は、ハードルジャンプで見つかる。その3つのポイントとは?

ハードルジャンプで“正しい接地ポイント”を探そう 速く走るためには、正しいポイントに接地出来るかが大きな要因となります。 地面から大きなエネルギーをもらうことができ、ストライドやピッチ向上に繋げることができますね。 この正しいポイ...
スキルトレーニング

知らないと恥をかく、スプリント練習にミニハードルを使う本当の理由

ミニハードル走は、なぜ走りの練習に用いられるのか? スプリントのスキル練習で使う道具の定番といえば、ミニハードルが上げられますね。ミニハードルを並べてそこを駆け抜けていく様なスプリントドリルをやったことがあると思います...
スキルトレーニング

走るのが苦手な子が、“楽に”走れる様になる第一歩とは?

速く走るとは?初めて走りを習うならコレ 速く走るということは、奥深いものです。いろいろな技術や、フィジカルの充実、生まれ持った身体の特徴など、1人として同じ能力の人間はいませんね。 つまり、速く走るためには1人ひとりに合ったアプローチ方...
スキルトレーニング

「足が流れ気味」な選手が、砂浜でのダッシュをやるべき3つ理由

砂浜トレーニングで向上する、走りのスキル みなさんは、砂浜でのトレーニングをしたことがありますか? 浜松には「中田島砂丘」という日本最大級の砂丘もあり、勾配も利用した砂浜トレーニングが可能です。 「なかなか進まないから普通に走るよ...
フィジカルトレーニング

正しい「走り込み」出来ていますか?来シーズンが楽しみになる、走り込みメニュー7選

走り込みとは? 陸上競技を経験された方なら、走り込みはほぼ行ったことがあるでしょう。 日本では、トラックでの試合が無い冬の間、中学・高校・大学と走り込みが多用されます。 「走り込みが嫌い」「冬季練習が憂鬱…」という方も多いのではな...
スキルトレーニング

速く走りたい気持ちが先行すると、起こりやすいエラー

前に行きたい気持ちが先行する「上半身のつっこみ」 球技選手だけではありませんが、足があまり速くない方の特徴に、上半身だけ前につっこんでしまうということがあります。 上半身と書きましたが、実際には、顔だけどんどん前に行ってしまう方がイ...
スキルトレーニング

頑張って走っている感じはする…体が捻じれてしまうのはどうして?

走ると、体がねじれてしまうのは何故? 球技の選手に起きがちな「体のねじれ」。特に全力疾走時に起きやすいです。「何だか頑張っているんだけど、前に進まない」は、このねじれが原因の可能性もあります。 では、どうしてねじれてしまうのでしょう...
スキルトレーニング

あなたは、足底のどこから接地してますか?サッカーやバスケ選手に起きやすい、走るフォームの間違い

踵(かかと)接地を修正したい理由 踵接地は、球技選手のランニングフォームで良く見られるエラーです。 踵接地は、自分の体よりも前に接地するので、どうしてもブレーキ動作となってしまします。 サッカー・バスケ・ラグビーなど、ボールを持っ...
タイトルとURLをコピーしました