100mを極めるには、まっすぐ走る意識をつける

マインドセット
100mをまっすぐ走る意識とは?
当たり前じゃん。そう思われた方が正解です。100m走はまっすぐ走る競技です。(リレーは置いておいて)100m先のゴールがスタート地点から直視できる唯一のスプリント種目です。
そのまっすぐの意識を練習でもできているでしょうか?
100mはいかに左右のブレを少なくし、無駄なく前に進めるかがポイントです。
練習を一工夫するだけで、その意識をしっかりと持つことが出来る様になります。
線の上で走ってみよう
競技場には、もちろん走るためのレーンがあります。短距離のレース中は、このレーンを区切る線を踏んでしまうと、失格になりますね。昔、マイルリレーの2走で内側に入り失格したことを思い出しました(笑)

練習中は失格はないので、ぜひライン上でトレーニングしてみてください。走るのもOKですし、スプリントドリルも線の上でやっても〇です。このときに…
おへそをラインの上にセット。前からおへそに付いた紐でひっぱってもらっている様なイメージを持つ
と効果的です。実際に、チューブで引っ張って行うトーイングというスピード練習方法がありますが、このイメージだけ持つということです。
競技場が混んでいるときは、やめておきましょう。
他の方とぶつからない様にだけ注意してくださいね。

私は、1人や少人数でトレーニングするとき、スプリント練習をライン上でやっています。動画の様に、走る練習や、ドリル、SD、バウンディングなど良いイメージを持つことができます。
昔、女子100m日本記録保持者の福島さんが、ライン上でスタートダッシュをしているのをマネしてやってみました。イメージと感覚を簡単に持つことができるので、100mの選手にはおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました