2020.8.12練習メニュー

練習日誌

久しぶりに競技場で練習をしました

みなさんは、「練習日誌」をつけていますでしょうか?
どんなスポーツにおいても重要なルーティンです。
その日のうちに書くことがポイントです。その日のメニュー内容はもちろん、
タイムや、練習内での感覚、出来、体の痛みなど
しっかりと明記しておきましょう。
ただ、時間をかければ良いというものではないです。
将来の自分の財産となります。

どんなときに役にたつか?
特に、調子を崩したときに「あのときどんな練習をしていたんだっけ?」
と、振り返ることができます。

実際、本日行ったメニューを高校生のときからの書き方で
書いてみますので参考にしてみてくださいね。

四ツ池公園陸上競技場 晴れ32℃ 状態:右アキレス腱に痛み 出来A

・W-up(動的ストレッチ)
・W-SP×6
・SprintDrill(5種目)
・200m×1 22”7 怪我明けのため、8割の力感。後半のスピードの維持はまずまず
・150m×1 16”5 同上
・100m×1 10”8 ややスピードを出してみた。身体の前方での脚の回転を意識できた。
(r=20’)

※W-SP=ウィンドスプリント(ウォーミングアップなので6割~8割くらいで気持ち良く走る)
※r=レスト。休憩時間。どれくらい休んだも大事だがどう過ごしたかも重要。

これくらいで十分かと思います。
あとは、必要に応じて内容をアレンジしてみてください。
私はノートにつけますが
今はスマホでも記録できるアプリもあるので
練習の帰り道や寝る前など、時間をみつけてトライしてみてください。
まずは継続してみることから始めましょう。
また細かい練習日誌の書き方はご紹介します。

SNS限定情報も配信中
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
練習日誌
フォローする
スポンサーリンク
SPRINT ACADEMY SHIZUOKA

コメント

タイトルとURLをコピーしました